辞書片手のPoE 058 : マップを遊んでみた その2

 PoEのエンドコンテンツMapsの分かってきたことを書く。

 解説記事でもなんでもなくて、私が遊んでいて気が付いたことなので、間違いの可能性は高い。

難易度(Tier)について

 Mapsはコインのようなアイテムでダンジョンを解放して攻略する。

 「~MAP」というアイテム名で、説明とかだとMapsと記載されている。MapsだとエンドコンテンツのMapsと区別がつかないので、私はコインと呼ぶことにした。

 上画像のようにTierという難易度があり数字が少ない1が一番低い。

 課金で手に入れた倉庫を見る限り1~16までとUという分類がある模様。

 各Tierを表すボタンの左上の数字はそのTier用のコインの総数。

Map Deviceで使用

 コインは拠点(Hideout)にあるMap Deviceを起動して使用する。

 Map Deviceと倉庫、クラフト台、NPCの距離がHideout毎に異なるのだが、使いに難いHideoutはとことん使いにくい。そしてどのHideoutもNPCが近すぎる!!(課金Hideoutなら改善されるのか? 課金なのか?)

 下画像の四角いマスにコインをドロップしてActivateをクリックしてダンジョンを生成する。

 ちなみにCurrencyを使って生成されるダンジョンの内容を良くすることができる。

 コインを配置するエリアが4つあるのは、後述するFragment使用するためだと思う。コインを複数配置は検証してない。

ポータルからダンジョンに挑戦

 コインを使用するとMap Deviceの周りに6つのポータルが生成される。

 このポータルからダンジョンに挑戦できる。一度ダンジョンに入るとそのポータルは消費されるので、スクロールで拠点に戻ったり、死んで拠点に戻ると、ダンジョンに入るのに更にポータルを使用する必要が出る。

 ポータルを全て使い切ると、そのコインでの挑戦は失敗となる。まぁ、そこまで死ぬことはないので、今のところ、すべて失敗したのはFragmentで開いた一回だけだ。

 コインにはレア度と品質があり、それによってドロップアイテムが良くなったり、ダンジョンが難しくなったりする。

ダンジョンはシンプル

 ダンジョンは基本奥の方にいるボスを倒して終わり。

 道中はDeliriumがあったり、Delveなどのサブコンテンツがランダムで出てくるのはメインミッションと同じ。

 一部、Mapsだけのコンテンツもあるが、やることは基本敵を倒す!

 課金で手に入れたコイン用の倉庫を見ると1~5、6~10、11~16で色がわかれているので1~5は大きな区分の1つなのだと思う。Tier4までプレイしてみたが、難易度もドロップするアイテムのItem Levelもそんなに大差ない気がする。

コインはダンジョンで拾う

 例えばTier1のダンジョンを攻略していると、稀にTier2、Tier3のコインが落ちます。

 Tier3のマップでTier1、Tier2のコインも落ちます。

 同じTierのコインは、平均1ダンジョン1つは落ちる印象。

 Tier1のコインはメインストーリー攻略中にもいくつか拾いました。

Complete Bonus Objectives

 各ダンジョンに定められた条件でクリアするとComplete Bonus Objectivesの数値が増えていき、より上位のコインが落ちやすくなるようです。

 各ダンジョンにつきボーナスは1ポイントなので、多く獲得するには色々な種類のダンジョンをクリアしておく必要があるということですね。

 下の画像の状態だと21個ボーナス達成でクリアしているので、21パーセントチャンスが増えています。

 ちなみにクリアしたマップは上画像のコインのようにオレンジ色の枠に囲まれ、わかるようになっています。

 ちなみにコインもCurrencyを使ってレア度を上げれるので、初めて挑戦するダンジョンはコモンではなくマジック以上でクリアするとボーナスも獲得できて早いです。

サブコンテンツ

 Einharの狩猟やNikoのDelveなどのコンテンツもMapsで発生します。

 Map Deviceでマップ生成時に、下画像のバッジからEinharのモンスターハントやDelveなどを選んでダンジョンに出現させることができます。

 各バッジの左下の数字が利用できる回数で、ダンジョンクリア時にランダムでどれかの数字が1つ増えます。マックスは10な気がするので、10溜まったら忘れずに使った方が良さそう(間違い普通に11になりました)。

 黄色と青野は課金倉庫のTierの色に対応している気がするから、Tier5までは白い数字が増え、消費する流れだと予測。

Zana(NPC)からコイン購入

 Tier3あたりを攻略していたらZanaというNPCがHideoutに現れました。初めて会ったのはメインの終わりごろだったと思いますが、Hideoutに現れることによってコインを購入できるようになります。

 下画像ではもう買ってしまって在庫がすくないですが、いまプレイ中のTierや1つ上のTierのマップを売っていたので助かりました。

 自分に合わせて上のTierを売ってくれるのか、初心お助けなのかは不明。

Zana(NPC)が新しいダンジョンを開く

 ダンジョン攻略中にZanaに出会うと、別のダンジョンへのポータルを開いてくれます。

 時間制限と時間延長ギミックがありましたが、特に気にせず普通にクリアできました。コインも手に入ったので、Hideoutでの店売りも併せて、早くZanaさんは解放した方が良い気がします。

Zanaの謎要素

 確かZanaさんの仕業だと思いますが、こんな感じでMapsのAtlasに見慣れないマークが表示されました。

 下画像のように2か所あるのですが、たぶん同じ仕組みだと思います。

 WatchStoreが何とかとか、隠されていたTierが云々とあるが詳細は不明。プレイしていけばわかるんじゃないだろうか。

Fragmentでダンジョン生成

 下画像の欠片アイテムを4つそろえて配置するとダンジョンが開きます。

 現時点では敵が非常に硬く、複数のボス戦があるようで2戦目のボスでポータルを使い切ってしまいました。

 今プレイしているTier1~4と比べると難易度は上だと思います。右上のパーツが非常に手に入り難く1つしか持ってなかったので、しばらく再挑戦はできない。

レベル上げかTier上げか

 レベルを上げるには安定して回せるTダンジョンをプレイするのが良さそうですが、新しいTier、ダンジョンを開きながら、Deliriumやサブコンテンツを遊んでいると油断した拍子に結構死にます。

 Fragmentダンジョンなんかはポータルを使い果たすぐらい死んだので経験値のロストもかなりの量です。

 火力の方は現在最大4Linkなので5・6Linkのアイテムがドロップすれば劇的に改善する気がしています(まぁ、落ちないんですけど)。

 防御の方は良いクラスタージェムが手に入るか、レベルを上げてLifeと回避を稼ぐか・・・。こっちは地道に上げていく方法しか思い浮かばないので、火力を上げてやられる前に倒すのが正解なんじゃないかなぁと思っています。

 サブコンテンツやラビリンス、クラフト台などもまだ伸びしろがありそうなので、もう少し模索してみるつもりですが、新しキャラを作るのも楽しそう。

Warhammer 40,000: Inquisitor文字化け回避方法

 Steamの評価欄に対策が書いてあるけど、評価見ない人ように残しておく。

 「□□□□□」こんな感じで文字化けする場合は、ゲーム終了後以下のフォルダーを削除して再起動。

 ドキュメント\NeocoreGames\Warhammer Martyr\

 Warhammer 40,000: Inquisitorは本体のMartyrとDLCのProphecyがあるけどDLCはスタンドアローンでも遊べるタイプ。DLCだけで遊べるのは良いことだが両方持っている場合はどう遊べばいいのか分かりづらい・・・。

 インストールも別々に行うが設定は共有しているようだ。本体のMartyrをクリアしてからProphecyをプレイすればよいのかな。

 PoEの方はボチボチMapsコンテンツを遊びつつ、こっちを進めて行こうと思います。

クリア:She Sees Red

 THE COMPLEXに続くムービーゲーム2つ目。

 何周かするゲームのようだが、とりあえず1周を終えた感想。

 意外な驚きもあり、ストーリーはまぁまぁ。

 ただ、日本語字幕が酷い。ナイトクラブのオーナーのこわもての顔男性の以下の台詞でクオリティの想像はつくと思う。

僕は彼が知らない

 

 彼というのは犯人で、「俺(私)はそいつを知らない」ぐらいの訳で良いシーンです。

 登場人物の口調が変わったりもあって、なかなか酷い。THE COMPLEXも誤字があったりしたけど、その上を行く残念翻訳。

 セール時に1000円以下で買ったので、まぁ値段的には文句は無いです。

 2周目以降はスキップできるみたいなので、別のエンディングも見てみよう。そこでさらなる驚きがあったら評価を上げたい。

ストーリークリア感想:Path Of Exile

 JapanサーバーもUSサーバーもラグが酷くて手が空いている間に感想を書いておこう。

 現在はLv79でエンドコンテンツのMapsを手探りで進めているところです。

 Path Of Exileは現時点でプレイできる最高のDiabloライクなハクスラゲームの1つだと思う。

 カジュアルさとやりこみ要素の両立したDiablo3、無骨ながらやりごたえタップリなGrim Dawn、そしてPath Of Exile。

 この3つのどれかが未プレイなら他のDiabloライクなハクスラをプレイする前にプレイするのが良いと思う。

豊富なコンテンツとやりこみ要素

 拡張を続けた成果だと思うが、プレイしきれないほどコンテンツがある。

 Act 10まであるメインストーリー以外にも、モンスター捕獲(以下、適当命名)や鉱山掘り、ラビリンスなどなど、どれだけ時間があれば遊びきれるのだろうかと思う。

 ビルド要素も装備集めだけでなく、パッシブスキルツリー、装備にはめるジェム、クラフトなどこれもゴールが見えないくらいの要素がある。

じっくり考えさせられる戦闘バランス

 ビルド要素が十分でも敵が弱すぎればビルドの必要性が薄くなる。

 Path Of Exileをプレイ中は何度か手を止めて、キャラクターのステータスや装備のパラメーター、スキルツリーについて考察する必要がでるくらいには壁が立ちふさがり、考えてビルドを組むと越えられるという絶妙なバランスだった。

 クリア後に用途不明なアイテムやコンテンツに関してはネット検索を解禁したが、ビルドや戦闘システムなどは基本的に自分で考察するだけにとどめている。

 最強のキャラクターはネット検索した方が早く作れるかもしれないが、完全に行き詰ってから答え合わせとしてみてみようと思っている。

俺たちの戦いはこれからだ!

 ストーリーはクリアしたが、エンドコンテンツはまだ始まったばかり。

 未だに初見なコンテンツに出会う。

 MapsはTirという難易度分けされており、いまTir1~3ぐらいを手探りでプレイしている状態だ。課金した倉庫の内容を見る限り10以上Tirはありそう。

 100点満点に近いできだが、マイナスポイントも幾つか存在する。

(-)ラグが酷い場合がある

 画面がガクガクしたり、移動したつもりが次の瞬間元の位置に戻っていたりとサーバーの状態によってラグが酷くプレイに支障をきたすことがある。

 このラグと死亡ペナルティを考えると、難易度のギリギリクリアできるコンテンツには挑みにくい。

 オンラインと別キャラ扱い、トレード不可でいいのでオフラインモードが欲しかった。

(-)日本語が無い

 今更だが、残念なことには違いがない。最初は翻訳しながら進めていたが、はやる気持ちを抑えきれず、結局後半は翻訳せずにクリアしてしまった。

 まぁ、ストーリーを翻訳しなくても進められるとも言えるが、やっぱりどういう物語か日本語で触れられるようにしてほしい。

 Fallout大辞典みたいのがあるといいのかもしれない。

 まぁ、大きなマイナスポイントはラグだけだと思う。

ラグい場合に何をしようか?

 崩せていないハクスラ積みゲーは「Wolcen Lords of Mayhem」と「Warhammer Chaosbane」、「Warhammer 40,000: Inquisitor」の3つ。

 Wolcenがこの中では新しく評価も高そうだが、Warhammer2作は日本語になっている。Path Of Exileで疲れたので日本語化されているタイトルをプレイしようかな。

新作に期待!

 まもなくDiablo4、Torch Lightなどが控えているが、Path Of Exileも新たなコンテンツを追加してPath Of Exile 2になるらしい。独立したタイトルじゃなくて大型アップデートのついでにタイトルも2にした印象。

辞書片手のPoE 057 : マップを遊んでみた その1

 エンドコンテンツのマップを遊んでみました。

 まだわからないことだらけですが、現時点でわかっていることを書いてみます。

 最初に英文で説明があったのかもしれませんが、最近無精で英語の会話は読んでない状態で手探りしています・・・。

アイテムのMapを使ってダンジョン解放

 マップのダンジョンに挑むには予想通り「~MAP」というアイテムを使いました。適当にMapコインと呼ぶことにします。

 分類が面倒そうなのでMapコイン用の倉庫を課金して購入! 便利。

Map Deviceからダンジョンへ

 Mapダンジョンへの挑戦は隠れ家にも設置できるMap Deviceという装置から行います。

 下の画像のようにMapコイン配置するのですが、最大4つまで配置できそうなUIです。適当に2つ置いてみたりしたのですが、特に画面上では効果はわからず未検証です。

 それ以外にもCurrencyを使うことでダンジョンに追加効果を与えることができそうです。AMBUSHは初回だけ無料だったのですが、StrongBoxが2つダンジョンに追加できるようでした。

 Mapコインを配置して「Activate」をクリックするとワープゲートが6つ開きます。6つ開くのはリトライ用ですかね。一度ポータルで戻るか、ダンジョン内で死亡するとワープゲートが1つ減っていました。

いざMapダンジョンへ!

 ワープゲートをくぐると、ダンジョンというかフィールドに移動します。

 移動するフィールドのタイプはMapコインの種類で異なるようです。

 難易度を表すTirが最小の1と、その次の難易度の2でプレイしてみましたが、敵が強すぎてクリアできないということはありませんでした。

 相変わらず即死の恐怖と隣合わせなのはレンジャーなので仕方ないのか、防御面で何かが不足しているのか・・・。

 Mapの最後にボスがいるので、倒すとクリアという感じですね。

現在の目標

 「Atlasを探索する」と「Kiracの兄弟を探す」が目的です。適当にMapダンジョンに挑戦していけば達成できるのかなぁと推測。

Atlas

 Map DeviceからAtlasという地図を確認することができます。

 上の画像の何か所かに見えるMapコインのアイコンが現在解放しているMapダンジョンだと思います。

 中心に近い4隅にあるのがTir1のMapですね。

 マウスオーバーするとこんな感じでBonusを得られる条件が確認できます。

 Magic以上のバージョンのMapでボスを倒すとボーナスが獲得できます。上の画像のようにMapコインに枠が表示されており、Bonusの欄にチェックが入っているのが獲得済みの証ですね。

 ちなみにMapコインにもレア度があってMagicのMapコインは、装備アイテム同様に青い文字で書かれています。

 このMapコインでダンジョンを生成してクリアするとBonusクリアです。

 ちなみにBonusをクリアするとAtlas中央の2 / 154という数字が1つ増えるのですが154まで貯める必要があるのだとすると・・・なかなか大変そうですね。

 Mapコインを使ってダンジョンを生成するので、挑戦したダンジョンでMapコインが出ないとじり貧ですね。

 Tir1のマップでTir2のコインが落ちることがあるので、上位難易度のコインを貯めてさらに上に挑戦していくという感じかなぁ。Tirがどこまで上がるかわかりませんが、Tir3のコインはまだ見たいことが無いので、これがTir2でドロップするのだとすると、Tirをあげていくのは大変そう。

 まぁ、まだ仕組みを理解していない段階なので、高Tirのコインを手に入れる方法があるのかもしれません。

分からない要素

 こんな感じでEinharやJunといった各コンテンツのNPCに対応したゲージがあります。しかもなんか数字が増えているものもある・・・。

 各コンテンツをクリアすると溜まるものなのか、Mapダンジョンを攻略するうちに溜まるものかは不明です。

 ちなみに、Mapダンジョン内でも各コンテンツはランダムで登場するようです。ことあるごとに書いてあるようにDelveをコツコツやりたいのでもう少しSulphite溜まって欲しいなぁ。

辞書片手のPoE 056 : Act 10クリア!

 なんですが、ゲーム画面じゃなくてサブディスプレイをずっとキャプチャーしていたので動画(&画像)無し・・・。

 ちなみにラスボスはゾンビアタックでした。能力が足りないのか、回避できる攻撃なのかは微妙なところ・・・。見て回避可能な攻撃だったきもするんだけどなぁ。

 とりあえず1キャラ目でシナリオクリアまで行けて良かった!

クリア直後の構成

 クリア直後のレベルはこんな感じ。

 いろいろコンテンツを遊びながら進めたので、ダンジョンの適正レベルよりはかなり高め。

 防御系の値は以下。

 Act10クリア時に更に耐性を下げられた状態なので各Resistanceは+30した値がAct 10クリアまでの値ですね。

スキル

 これまでとの、スキルの大きな変更は以下。

 Artillery Ballistaで火の雨を降らせていたところを、Toxic Rain∔Ballista Totem Supportで毒の雨に変更しました。

 パッシブスキルツリーをChaos∔Totemに特化しているので攻撃面ではかなり親和性が高まったと思います。

 広範囲にまき散らしたい場合はToxic Rain、集中して強敵を倒したい場合はCaustic Arrow(∔Ballista Totem Support )と使い分けました。

今後の方針

 エンドコンテンツのMapsを始めたばかりなので、手応え次第ですが、パッシブスキルツリーは次のカオス・トーテムのエリアが遠いので、良ジェムが出たらジェムで伸ばしていくのもいいかもなぁと思案中。

辞書片手のPoE 055 : Act 9の新コンテンツ

 Act 9の拠点となる街まで来た。

 毎Act新しいコンテンツが増えるのはすごいと思う。個人的にはもう少し子鉱山掘りコンテンツのDelveをやりたいので掘り進めるのに必要なSulphiteを入手するイベントの発生を増やして欲しい・・・。

謎の文字!?

 拠点の手前で手に入ったメイス。弓使いなので装備できないのですが、なんか象形文字のような謎の表記が!

 説明文を見ると、Jun Ortoi(人名?)にUnveil(ベールを取り去る)してもらう必要があるらしい。

 拠点にまさしくJun1, Veiled Masterという人がいるので、この人に頼むに違いない!!

 Unveilというメニューがあり、まさしく先ほどのアイテムを利用することができそう!!

 ちなみに、下画像のアイテムを配置するエリアには先ほどのメイス以外を置くことはできなかった。

 鑑定の巻物でも鑑定できないさらなる特性という感じだろうか?

Unveil!!

 まぁ、やってみないとわからないのでとりあえず実行してみる。

 Unveilすると3つ特性が表示された。この中から一つ選べば良い模様。

 選択して、Confirmをクリックする。

 82% Increase Physical Damege(物理ダメージ82%増加)とか他の特性に比べたら破格な数値!(まぁメイス使わないんですけど・・・)

そのほかにも

 このJunさん他にも会話メニューから「Show Investigation(調査を表示する?)」を選ぶと下画像のような表示になります。

 最近英文を読まずに進めているので、すでに説明を受けている可能性もありますが、謎の新コンテンツ登場です。

Map?

 Act 8ぐらいから少しずつですが、「~MAP」というコインのようなアイテムが落ち始めました。

 エンドコンテンツがMAPという名前だということは知っているので、たぶんコンテンツに挑戦するためのアイテムなのかなぁと漠然と推測しています。 

 わからないことだらけですが、初プレイなのでわからないままにして、今後の発見を楽しんでいきたいと思います。

辞書片手のPoE 054 : Act 8現在気になること

 いまだに色々不明点や新発見が出てくる。

 忘れてしまうので忘備録的にブログに残しておこうと思う。

Chaos耐性がマイナス・・・

 Act 6に入り、各耐性にマイナス補正がかかった。火・氷・雷のエレメンタル耐性はアクセサリーなどで積んで50以上は確保するように心がけているが、Chaos耐性は-18である。

 Act 8で死ぬと毒沼を周囲に生み出す敵がいて、気を抜いて立ち止まっていたら毒エリアの上で死亡ということが何回かあった・・・。これはChaos耐性足りてないよというメッセージではないだろうか?

 とはいえ、Chaos耐性が付いたリングがいくつかと、パッシブスキルツリーでいくつかChaos耐性を上げることができそうだが、50なんて値には到底届かない。何かを見落としているのか、Chaos耐性はあきらめて良いのか?

毒床の上にいる。体力は減っているがシールドは満タンなので気が付き難い・・・。毒ダメージはシールド無視?

死んだら経験値減ってない?

 死んだ際にに経験値ゲージが減っている気がする。

 あんまり気にしていなかったが、毒床の死亡シーンを見直していたら気が付いた。

 これ元からだっけ???

バフ系のトーテムを調べたい

 囮になるDecoy Totemは前にも書いたけど、かなり便利だ・・・とか言いながら、現在は死体を回収してLifeとManaを回復するDevouring Totemを主に使うようになっているのだが・・・。

 ダンジョンのコンテンツに素早く移動しながら敵を殲滅するものが多く、こいういうコンテンツでは発動が遅いDecoy Totemはあまり役に立たない。Decoy Totemが有効になる前にバリスタが殲滅していることが多いからだ。

 依然、ボス戦などの強敵戦や大量の敵がワラワラ囲んでくるシーンではDecoy Totemは有用だが上記のようなダンジョンを走り抜けるような場合は使いにくい。

 それより、ある程度移動するたびにバリスタを出すためManaの息切れが激しい問題が深刻。

 ということで、敵を倒した後に死体を回収してLife、Manaを回復するDevouring Totemを使うと、戦闘後にManaが回復するのでMana不足を補うことができるわけだ。

 それ以外に生存力を上げれるようなTotemを探したい。立ち回りが悪いと一瞬で死ぬことが多いので、Lifeの自動回復を増やすより、回避か防御を上げるものがありがたい。

 Flaskも検討しているが、枠が5つしかないので悩ましいところ・・・。

ダイナマイトが使えていない・・・

 鉱山掘りコンテンツ(Delve)のタスクのダイナマイトを使うが未だに終わっていない。

 鉱山では光のないところに行くと急激にシールドと体力が失われるため、ダイナマイトを使う壁を見つけるのが困難。

 コンテンツの貨幣であるAzuriteを使って、暗闇耐性(?)を一段上げたのだが、それでもかなり減る。

 一時的に明るくできるフレアもあるのだがAzuriteが豊富じゃないので、乱用はできない。

 ダッシュ速度アップと回復薬をガブガブ飲みながら奥まで行くのかな?

辞書片手のPoE 053 : Temple of Atzoatl

 Act 8で新しいコンテンツが解放された。

 時間内にダンジョンを攻略するコンテンツだと思うが、どうなれば攻略なのかよくわかっていない。

 ダンジョン内にいるAlvaさんに話しかけると別のダンジョンに移動することができる。

 ダンジョンは下画像のような感じで複数あるのだが、選択することはできずハイライトされているダンジョン(Incursion?)に挑戦する。

 ダンジョン内では湧いてくる敵をとりあえず倒す(まだ良くわかっていないので・・・)。

 たぶん、画面下に表示されているゲージを一杯にすれば良いのだと思うけど、すべての敵を倒しても満タンにならないケースもあった。

 クリア条件は今一つ不明。

 「Complete Alva’s Incursions」と表示さているからクリア?

 クリアするとTier 1だった数字がTier 2に増える。

 攻略前は下画像のような表示だった。

 動画で確認すると名前もHatcheryからAutomaton Labに変わっている?

1ダンジョンで3回挑戦

 1つのダンジョンにAvaさんは3回登場するので、それぞれコンテンツのダンジョンに移動して攻略する。

 3回ともクリアすると最後にユニークアイテムが出た!

 Grim Dawnに比べると最上位レア度の装備が落ちやすい気もするけど、嬉しいことには違いが無い。

 鉱山掘りやポケモンなどのコンテンツもそうだけど、ダンジョン攻略時にランダムで発生するので狙ってできないのが残念。

 まぁ、できたららずっと鉱山を掘り進んでメインコンテンツをやらなくなりそうだけど。

辞書片手のPoE 052 : Act 8まで気が付かなかったポカミス

 録画した動画を誤って削除してしまい、Act 6, 7の日記が書けなくなってしまいましたが、現在Act 8に到達しています。

 油断すると死亡する紙装甲感は依然ありますが、詰まって進めなくなることはありません。

緊急脱出でプチフリーズ

 敵に囲まれた場合や強敵に接近された場合、Dashのスキルで逃げるのですが、たまに固まって脱出が遅れるケースがある。

 StrongBoxなどを開ける際に、周囲から湧いた敵に囲まれ、脱出が遅れた際に死亡まではいかないまでも何発か殴られる場面が何度かあった。

 ラグかスタン攻撃のような固まる攻撃を喰らっているのかな・・・と漠然と考えていたが、ふとした時に原因に気が付いた。

 原因はマウスの左クリックが「通常攻撃」だったからだ! 周囲から敵が沸いた場合などに移動したい方向をクリックと同時にDashを発動するのだが、クリックした座標に敵がいると通常攻撃が発動していたのだ・・・。

 ということで、これを移動に帰ることで素早く脱出ができるようになった。

 デフォルトの状態だと、左クリックが攻撃なので、そのままの人は注意・・・って常識なのかもしれない。