クリア:マブラブ アンリミテッド ザ・デイアフター Episode 0~3

 マブラズアニメ化ということで、アニメは見てないですが、以前セールで購入したまま積んであったSteam版のマブラブ アンリミテッド ザ・デイアフターをプレイしました。

 

 オルタナティブ4が失敗して、5が実行された世界線の物語で、神宮司まりもが健在で、本編主人公たけるちゃんは闇落ち風になっています。本編の方も結構忘れているので、思い出しながらプレイ。

 

 Episode0はEpisode1の前日談で、アメリカ軍の空母JFKが舞台になります。

 Episode0の登場人物もそれなりに愛着がわいていたので、Episode3でJFKが敵の本拠地になっており、そこへ攻略戦を行うのが切ない。この辺の展開は上手いなぁという感じました。

 

 ストーリーは本編に比べると小粒というか、本編ほどの素晴らしさはありません。

 いや、本編が傑作すぎたんだ。

 

 Episode3で主人公とヒロインが結ばれたので、二人の関係は一段落感がありますが、まだ話は続いています。

 本編(無印+オルタネイティヴ)以降はパッとしないが、TVアニメやアクションゲームなどの話もあるので、もう一度度肝を抜くような傑作を出してほしい。

 

 

クリア:ルーンファクトリー4

 Steam版のルーンファクトリー4をクリアしました。

 本当はSwitch版の「5」に興味があったのですが、どうもSwitchだとパフォーマンスが低いらしいのと、評価が今一つだったので、評価の高い「4」を購入。

 「5」はアップデートで評価を盛り返したらPC版を待って購入しようかなぁと思います。

 

古さはあるが中毒性高い良ゲー

 

 この手のゲームはStardew Valleyという評価の高いタイトルを、足の遅さとマップの広さで挫折した過去があるので不安もありましたが、ルーンファクトリー4は楽しめました。

 牧場ゲームだけど、戦闘も力を入れており、ストーリーもしっかりあるところが最後までプレイできた要因かなと思います。

 

 畑を耕し、住民と会話し、合間を見ながら釣り、探索にクラフトとやることが山盛りで、全てが戦闘力の強化に繋がっていくシステムは秀逸でした。

 

 グラフィックはひと昔を超えて、ふた昔ぐらい古いですが、見下ろし型の2D風なのであまり気にはなりませんでした。

 

キャラの見た目は幼い

 

 男性主人公でプレイしていたのですが、キャラの容姿は全体的に幼く、恋愛ゲームとしてはプレイする気にはなりませんでした。

 子供がいる設定の宿屋の女将さんなんかも見た目は少女という感じで、もう少し大人のキャラは大人として描いて欲しかったけど、まぁこのゲームで恋愛要素は不要かなというのが個人的な感想。

 

最新のグラフィックで遊んでみたい!!

 

 常にUIやグラフィックの古さが気になるけど、面白さがそれを上回るという感じだったので、5の品質向上に期待。

 Switch版はメガテン5といい、日本のメーカーは最適化しきれない印象があるので、早めにPC版を出してほしいところ。

 

 

クリア:テイルズ・オブ・アライズ

 テイルズ・オブ・アライズをクリアしました。

 圧倒のグラフィックと、圧倒の戦闘アクションに前作ほどではないが良質な物語で一気にクリアまで進める素晴らしい作品でした。

 

 スカーレットネクサスで予感した「バンナムは世界に通用するアクションRPGを作れるという」期待を叶えてくれました!!

 

 おっさん・おばさんホイホイな曲Hello Againを上手いところで使ってくるなど、魅せ処もバッチリ。

 

 多くは語らないので、ぜひ買え!! な一本。

クリア:スカーレットネクサス(ユイト編)

 Steam版スカーレットネクサスのユイト編をクリアしました。

 テイルズの新作の出来を占う作品として購入してみましたが、期待以上に楽しめる作品でした。

 発売前はゴッドイーター、CODE VEINとバンナムの赤と黒を基調としたデザインのアクションRPGがイマイチ続きだったので不安もありましたが、今作は定価買う価値ありの良作でした。

+丁寧な作りこみ

 画面端のカメラワークが良くない点を除けば戦闘は爽快感があり楽しめました。

 少し前に発売したソードアートオンラインがエフェクトが派手すぎて何が何やらわからない状態だったのに比べ、だいぶ視認性も確保されていました。

 それでも分身系のSASと雷・炎エフェクトを重ねると見辛いです。

 紙芝居風の物語演出も、アニメ調のキャラクターにマッチし、適度に画面が切り替わるので不満はありませんでした。

 全部アニメーションしようとすると開発費用や期間が大変そうなので、良い工夫だと思います。

+豊富なスキル

 時間停止や防御力アップ(スーパーアーマー)、属性攻撃、分身などなど仲間の持つ能力を活用して敵を倒していく戦闘は操作が忙しいものの楽しめました。

 最終章あたりは流石に飽きてきてザコ戦はイージーにしてサクサク進めましたが、そこまでは楽しかったです。

+王道っぽいけど楽しいストーリー

 熱血良い人主人公や幼馴染とテンプレ感はありますが、序盤から急展開するストーリーやキャラクター毎のサブイベントなどがキャラクターの良さをうまく引き出していたと思います。

-出来の良くないオープニング

 テイルズなどナムコのRPGはオープニング大事だと考える派なのですが、オープニングは残念な出来でした。ペルソナシリーズっぽい目鼻の無いキャラクター表現があるのですが、非常に安っぽい感じでした・・・。

-ジャンケン要素が飽きてくる

 この敵には時間停止、この敵には属性攻撃、といった敵に合わせて効果的なスキルを選ぶのですが、後半はマップも長くなり同じ敵と何度も戦うと流石に飽きてきます。

 私は後半のマップはイージーモードにしてサクサク進めました。

-面倒なだけのサブクエスト

 報酬がイマイチな割に面倒でストーリーにも関わらないサブクエストは要らなかったとまで思いました。

 序盤はこまめにこなしていましたが、中盤以降は完全放置でした。

総合的には良作

 プレイ時間は25時間ぐらいと中規模スケールのゲームでしたが、丁度よく楽しめました。

 自作のテイルズにも期待できそうです。

 まぁ、ネクサスに良人材を取られてテイルズが・・・という可能性も無いわけではないですが。

 

クリア:The Forest

 The Forestをクリアしました。

 作成した拠点数は2、クリアまでのゲーム内日数は30日ぐらい・・・途中で飽きてきて、洞窟探索は必要なものだけ取ってきました。

雰囲気最高

 狂暴な原住民のいる島でサバイバルするというシチュエーションは、悪趣味気味ですが楽しかったです。

 B級ホラー映画的な悪趣味さに近いと思いますが、カニバリズム的な要素があったりとダメな人はダメな人を選ぶ楽しさです。

クラフト要素はまぁまぁ

 クラフトは楽しいですが、作れるものはマイクラ系のほかゲームと比べるとそこまで多くありません。

 家を建てるのにソロだと気が遠くなる量の木を伐採する必要があるのですが、いざやってみると無心で作業することができましたw

 ある程度作って、拠点防衛などが安定するまでが一番楽しいです。

操作キーの標準化を!!

 日頃、PS・XBox・Switchはキーを統一すべきだ!! と叫んでいますが、マイクラ系ゲームもキー操作を統一すべきだと思います。

 同時にマイクラ・Valheim・The Forestをプレイしていたので、それぞれの操作の違いが非常にストレスでした。

続編が楽しみ

 続編も発表され、公開が楽しみです。

 プレイするかはわかりませんが、YouTuber達がハッピーでカオスな実況プレイを展開してくれると信じています。

不思議DXは完全版商法という皮を被った踏み絵なのかもしれない・・・追記:買ってしまいましたw

 Steam版のアトリエ不思議三部作のDX(いわゆる完全版)が発売された。

 戦闘速度高速化とか、衣装等の追加とか・・・それ、DLCで良いんじゃない? という追加要素でも堂々と別作品として売り出すところは、流石コエテク、パワーアップキット商法から続く老舗的な風格すら感じます。

 個人的にはPS3から4とか、Vitaなどハードを跨ぐ作品は許容できるのだが、不思議シリーズはSteamで3作品ともすでにある上でのDX版別パッケージ販売・・・まぁ、Switchとかも出るから一部ハードを跨いでいる・・・とも言えるか。

 こういう売り方は本当やめてほしいのだが、Steamを見る感じ、そこそこ売れている(後述するがネットで話題になっていた劣化が気になって買ってしまった・・・)。

 5000円代と無印より安くなったとはいえ、無印はセールもしていたし価格面で売れていることはないと思う。

 ライザ以降の新規層が購入したのかもしれないが、無印を所有したうえで購入しているファンも多いのかもしれない。

 売れている以上、完全版商法を続くんだろうなぁという諦めと、踏み絵を成し遂げた無印所有者の熱烈な姿勢に羨ましいような、羨ましくないような気持ちを抱いた今日この頃。

 G級商法をDLCに切り替えたカプコンに完全版商法の終焉を見たが、相変わらずのコエテク・スクエニ・バンナム・セガに冷水を浴びせられた日本の追加コンテンツ事情・・・。

 さぁ、モンハンライズをやろう! ようやく上位が見えてきたぞ。

追記:ちなみに旧作は購入者のライブラリには残っていますが、新規購入はできなくなりました。

DXは劣化移植?

 「ソフィーのDX版はSwitchに合わせたために画質が劣化している」という情報が気になって結局買ってしまいました・・・。

 PC版のソフィーDXを軽く触った感じだと、雨天時に光源の処理が少し不自然に感じられました。

 PC版のDXですが、黒い水たまりのような影が発生しています。近づくと正常に描写されるのですが、遠目だと気になります。

 負荷のためというより、光源処理が調整不足な感じに見えます。

 ちなみにフレームレートは2560×1440で120FPS安定。

 採集地の草花の減少は、最初のマップだと気にならない程度。

 画像の上がDX、下が無印。

DX(PC)

無印(PC)

 空の星が無いのは、無印の撮影時間が夜になった直後のせいです。

 まぁ、もともとソフィーは景色が綺麗なゲームってわけでもないので、負荷対策でポリゴン減らされても私は気にならないかな。

 劣化が気になるなら無印、倍速プレイやフォトモード、追加イベント、デジタルアートブック等が欲しいならDXでよいと思います。

DX版バグ

 序盤をプレイして気が付いたバグ。

 下部のプラフタのセリフが英語・・・。

 再開したら日本語になってた・・・。限定的なバグか?


 自分はまだそこまで進んでいないが、フリッツさんの被ダメ声が女性キャラになるバグがあるらしい、これは修正される前に見てみたいw

途中感想:The Forest(追記ありテキサス万歳)

 かなり昔に買ったまま放置していたタイトルですが、ようやく手を付けました。

 飛行機事故にあい遭難した主人公が、攫われた息子を探しつつ、原住民とか怪物と戦うサバイバルゲーム。

 マイクラ系というかクラフト系に位置するゲームだと思うのですが、色々な面で異色を放っています。

 誉め言葉に聞こえない恐れがありますが、雑な作りなのに中毒性のあるゲームに仕上がった良作でした。

バグとか作りの粗さを感じつつも楽しい時間

 物理演算が荒ぶることはもちろんですが、ロードするとアイテムが消えたりとバランス調整とか、デバッグとかを投げ捨てた感のあるインディらしい作りなのですが、それを上回る楽しさがあります。

 原住民や人間が変異したような化け物との戦闘は弓矢や炎の活用がわかってくるまでは、苦戦を強いられますが、拠点を活かせるようになると、拠点周辺での戦闘がぬるくなります。

 サバイバル要素やクラフト要素も、最初は楽しいですが、供給が安定すると深みの無さが目に見えてきます。

 こうやって書くと、マイナスのように聞こえますが、この仕組みを学んでいる段階が非常に楽しいのです。

キモグロ要素

 敵が気持ち悪い造形だったり、死体を焼いて骨にしたり、残虐描写で18禁要素があるゲームです。

 リアルさはあんまりないのでB級ホラー的な味付け。

 この要素のせいで、ValheimやマイクラならOKな協力プレイを拒否されて、一人で遊んでいます。

洞窟探索がコワ楽しいのだが・・・

 薄暗いだけで、見慣れた敵が非常に恐ろしく感じます。

 洞窟探索の緊張感は素晴らしい。

 ただ、この暗さが見通し悪すぎて探索という点ではストレスです。

 同じような構造の迷いやすいマップが地下に縦横に伸びていてるんですが、代わり映えしないので3つほど攻略したところで、飽きてきてしまいます。

追伸:設定で色味を「テキサス」に変えると快適な明るさになりました!!

何がテキサスなのかは不明ですが、これはありがたい。

「デフォルト」 暗い!
「テキサス」おおっ、明るい!!

飽きるまでは唯一無二のゲーム体験

 適度なホラー要素に緊張しながら、クラフトしたり、拠点作ったり、探索したり、戦闘したりと楽しくプレイさせていただきました。

 地上での生活が安定し、地下も3つほど攻略(各洞窟は繋がっているようなので、3つというより3エリアかな)すると新鮮味がなくなってきます。

 見通しの悪い構造や、代わり映えしない割に分岐が複数ある構造、同じような敵が続き、楽しさよりストレスが勝ってきます。

 ネットで確認すると、あといくつかクリアに必要なアイテムを地下で集める必要がありそうですが、クリアに拘らず、飽きるまで楽しんだら終わるのが自分的にはベストな遊び方に思えたので、たぶんクリアまではプレイしない予定。

追伸2:洞窟探索がストレスだったのでクリアまでプレイしないつもりでしたが、最後までやろうかなと思えるくらいには明るくできました。

クリア:魔界戦記ディスガイア2

 メインストーリーのみクリア。

 システム面では1から正統進化、ストーリーは良く言えば王道、悪く言えば平凡という印象だけど、元々ストーリーに大きな期待をしていたゲームではないので不満は無い。

 1からはエトナが参戦、ラハールはチラッと登場。

システム

 何はともあれ、1で死角が発生していた斜め見下ろし視点に真上からに近い視点変更が追加されたのが大きい!

 これのおかげで相当ストレスが減少しました。

 完全な真上からを追加して欲しいところだが・・・。

 アイテム界は相変わらず面倒、10階で一区切りじゃなくて6階ぐらいでいいんだけどなぁ。

ゲームバランス

 アイテム界で強化しすぎるとメインストーリーはヌルゲーになるけど、アイテム界は際限無く強化できる(当然敵も強くなる)のでバランス調整は自分ん次第。

 1の時も陥ったのだけど、全職業のキャラを作るのではなく、戦士系は戦士系で転職させたりして回さないと、後半キャラが増えすぎて辛くなる・・・。

キャラクター

 主人公とヒロインのロザリー以外は少し薄目。

 ゴザルの兄妹はもう少し描いて欲しかった。

正統進化の良作

  1が面白ければ2も間違いなく面白いというシリーズファンには嬉しい正統進化。

 ドット絵が古臭い感はあるけど、古臭いポリゴンゲーよりは耐えられる(個人的には)。

 Steamではなぜか3が無いので、飛ばして次は4をプレイする予定です。

 最新の6はポリゴン化の第一弾ということもあり、評価は今一つなので、5はやり込んでみることにして、5もストーリーだけクリアする予定。

(追記)味のある一枚絵が多かった。

クリア:魔界戦記ディスガイア

 なんどか中断をはさみつつ、ようやくメインストーリーをクリアしました。

 エトナ編とかやりこみは積んである2・4・5をクリアしたいのでパス。

 シリーズ通してプレイしたいのですがSteamだと3だけ無いんですよね・・・。

 現在2をプレイ中なので、2の感想も踏まえつつレビューを残しておきます。

どこまでも強くなる

 LV9999とかとんでもない数字になることで有名なゲームですが、クリア時点ではLV70ぐらいでした。

 主人公のラハールだけ極端に強くなり、彼1人が生き残りなんとかラスボスを倒しました。

 レベル上げ次第でとことん強くなるので、バランスはあってないようなもの・・・とはいえ、かなりギリギリの状態でクリア。

アイテム界が面倒

 アイテム界といわれる10階区切りのダンジョンに潜って強化を行うのですが、もう少しストレスレスに周回できるようにしてほしかった。

 アイテム界はマップもランダムなのですが、高低差によっては画面を回転させてもキャラが見えないようなマスが発生します。

 2では多少俯瞰して見れる視点が追加されたので、ましにはなりました。

 あと、ジオブロックという仕組みが面倒。何度もめぐりダンジョンなのでもうちょっと軽い脳死でも遊べるようにしてほしかった。

 階数も6階ぐらいでいいかなぁ・・・。

以外と古臭くない

 2Dのドットキャラなので昔のゲームですが、そこまで古臭さを感じませんでした。

 ドットキャラである時点で古臭い気もしますが、PS1・2ぐらいの粗いポリゴンに比べれば全然遊べます。

味のあるキャラクター

 地球勇者・・・1話限りのネタキャラだと思ったら、最終直前まで関わり続けるとは!

 それ以外にも、プリニー・主人公のラハール・悪魔の少女エトナ・天使の少女フロン・中ボス(と呼ばれ続ける人物)など味のあるキャラクターが多く楽しめました。

SRPG風の戦闘が嫌いでないならオススメ

 マスを移動するタイプのSRPG戦闘を繰り返すのが苦にならなければ、遊びごたえのあるゲームです。

 コツコツ育成が好きであれば、なおおすすめです。

 



FINAL FANTASY TACTICSのリメイクをお願いします

 リメイクが多いスクエニですが、FFTはVITA以前かスマフォ版という選択肢しかない。

 PS4でゲームアーカイブスが未対応になったし、PC版も無い。

 PS1で無印が出た時にクリアしておけば、今更再燃ということもなかったのだろうが、レベル上げが面倒になって中断してしまったのだ。

 PS1のディスクはすでに処分してしまったが、iOS版とVita版の獅子戦争はまだ手元にある。どっちもDL版なので手元にあるというのは正しくないが。

 というわけで、Vita版をプレイ(コントローラーが使えないiOS版は却下)しようとVita TVをHDMIでPCモニターに映してみたが、画面がボケボケ。

 ちょっと悩んだけど、キャプチャーボードを通して、PC上で見れば無理に拡大しないで済むんじゃない? と思い立ち試してみた。

 Vita TVの解像度は1080対応だけど、ゲームが720で作られていることが多いらしいので1280×720で表示してみた。

 字は潰れて読みにくい感はあるし、画面は小さいけど、ディスプレイ全体に拡大するよりはマシかな。

 お願いします。スクエニさん、HD対応して多少バランス調整したものをPCで出してください。

 過度なバランス変更は怖いのでLVアップ作業を少し緩和してくれるだけでもいいです。

 はい、SwitchのProject TRIANGLE STRATEGYの話題を見て、思い出したようにFFTを引っ張り出してきました。

  あとFell Seal Arbiter’s MarkがFFTライクで注目していたのですが、DMM GAMESがパブリッシャーになったことでSteam版日本語に暗雲が立ち込めています。

 DMM GAMESだけど「うたわれるもの」はSteamでも出たし希望は捨ててない。

(追記)

 2021年3月6日、Fell Seal Arbiter’s Mark のSteam版が日本語に対応したらしいです。素晴らしい!

 海外中小規模ゲームの良翻訳パブリッシャーとして評価を確立してきた感がありますね。

 Greed FallもDMMに担当してもらえていたら違う未来だったかもしれませんね・・・。