PC&コンシューマーのハクスラゲーム

 クリアしてないまでもプレイしたハクスラゲームを紹介していきます。

 ドロップアイテムを収集してく部分にフォーカスしているので、トレハンというのがより正確な気もしますが、日本ではハクスラと呼ぶのが一般的なようなのでハクスラと表記します。

 タイトルのPC&コンシューマーというのはスマフォアプリを除くという意味合いです(XBoxも日本語の紹介だと除いていいよね・・・)。

 (定期的に更新していきます。更新日2017年2月18日 仁王の評価を追加)

 評価のポイントはメインストーリー部分の楽しさと、クリア後のいわゆるハクスラの醍醐味であるエンドコンテンツ(アイテムを収集するためにひたすらプレイするコンテンツ。ここからがハクスラゲームの始まりという人もいる位。手にしたアイテムの中からより良いものを選んでいくので「厳選」ということもある)の充実度です。

Diablo3 RoS

 「Diabloライク」という言葉あるように、見下ろし型のアクション系ハクスラゲームの代名詞的なDiabloの第三弾です。

 無印では不評な部分もあったらしいですが、RoSはアイテム収集の楽しさ、エンドコンテンツ、難易度どれをとっても高水準にあるゲームです。

 PC版、PS4版、PS3版があり、英語でOKならPC版、日本語版で最新コンテンツまで遊びたいならPS4、PS3しかないならPS3版で遊ぶが良いと思います。

 私はPS4版を家族でオフラインマルチプレイを楽しみました。

 エンドコンテンツもそれなりにやりこみ堪能しました。

 レジェンダリー武器が出た際の光の柱の演出などは、アイテム堀りの楽しさをわかっているなぁという感じです。

 見下ろし型のゲームに違和感がないなら、ハクスラを知るうえでぜひプレイしてほしい作品。

 

 PC版の購入は開発会社Blizzardが提供するBattle.netから。

 PS4版はプライスダウン版が出ているので、今ならそちらで。

 

PC版:Battle.net

PS4:Amazon:ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション【新価格版】 – PS4 

GRIM DAWN

 やりごたえたっぷりな骨太ハクスラゲーム。

 画面やUIはDiablo3に比べると少し古臭いですが、コンテンツの量、やりこみ具合は負けていません。

 難易度は少し高め。

 1周毎に難易度を高めていって3周で最高難易度をクリアしてからがエンドコンテンツの始まり。

 私は3周までしましたが、エンドコンテンツを堪能する前に息切れしました。

 マルチプレイもありますが、一人でコツコツプレイしました。

 購入はSteamで、2500円ぐらい。セール時は更に安くなります。

 

Steam:Grim Dawn

Torchlight 2

009

 Diablo3 RoS、GRIM DAWNに比べるとライトな感じのDiabloライクなハクスラゲーム。

 エンドコンテンツまではやりませんでしたが、家族とオフラインマルチでメインクリアまでは行きました。

 Modも充実しているので、クリアしたらModでカスタマイズなども面白いかもしれません。

 Steamで2000円ぐらい、セールならもっと安く手に入ります。

Steam:Torchlight 2

Path of Exile

 Diabloライクなハクスラでやりごたえのあるタイトルとして必ず名前があがるPath of Exile。

 アイテム保管庫の増量などでアイテム課金がありますが、基本無料という驚き。

 日本語対応していないので、序盤をプレイしただけですが、膨大なスキルツリー(全部は取れないので、その中で自分にあったスキルをとっていく)と装備につけるジェムの仕組みが面白そうでした。

 日本語化されないかなぁ・・・。

Steam:Path of Exile

 海外ではXBox One版が2017年に出るという情報もありますね。

Borderlandsシリーズ

header

 ハクスラ要素のあるFPS。

 豊富なミッションと武器と非常にやりごたえがある作品。一番レア度が高い装備がなかなか落ちないので、手に入れた時の喜びはひと際。

 シリーズは1、2、Pre-Sequelの3作。個人的には2が一番オススメですが、1も古いゲームという感じはないので、1からプレイしてもOKです。

 FPSと書きましたが、RPG要素が大きく、敵より自分のレベルが高いと難易度が大きく下がります。

 敵が強いなぁと感じたら、サイドミッションをこなしてレベルを上げることで、自分が固くなり、敵が柔らかくなるので適度な難易度で遊べます(2周目まで)。

 PC版、PS4版、PS3版があります(Vita版もあるけど、処理が重いらしく未購入)。

 私はPC版の1、2をクリアした後、PS4版の2とPre-Sequelのセットを購入して現在進行形で家族で画面分割オフラインマルチを楽しんでいます。

 001

追記:3周目のUVHMをソロでクリアしました。

 3周目は敵のレベルが自動で調整され、自分と同等か少し上というレベルになるため、先述のサイドミッションでレベルを上げると難易度が下がるということはなくなりました。

 また、スラグ化の効果がアップ&スラグ化必須というバランスなので、スラグ化するための武器とダメージを与えるための武器を持ち替える手間が発生します。私の場合、スラグ+エクスプロッシブの良SMGが手に入ると楽になまりました。

 私の場合、3周目はThe Beeという攻撃力アップのシールド必須でした。キャラとかビルドによってはそうでもないのでしょうが、The Beeが無いと敵が固くて大変です。

 あとはハロルドとFibberというレジェンダリ武器にも助けられました。

 2周目、3周目はやりごたえがあるので、1周して終わらないでぜひトライしてみてください。

Distiny

 dam-destiny-main-sp

 こちらもハクスラ要素のあるFPS。

 PS4版があります。

 実は私が初めてプレイしたFPSでした。

 綺麗な画面と、FPS初プレイという体験のおかげでハクスラ要素を堪能した記憶がありません・・・。プレイしたのが発売当初でまだエンドコンテンツなどがほとんど無かったのでボリューム不足を感じました。

 現在は色々コンテンツも増えているので、満足行くボリュームになっているはずです(すみませんクリアしてから手放したので、その後の追加コンテンツは未体験です)。

Division

bcff631f

 同じくハクスラ要素のあるFPS。

 壁に隠れて打ち合うので、FPSが苦手でも、そこまでエイム力を必要とせず、遊べる気がします(苦手な私がそう感じました)。

 ハクスラ要素以外にも、荒廃したニューヨークの美しい景色も魅力。

 PC版、PS4版があります。

 こちらも、発売当初はコンテンツの薄さが気になりましたが、現在はエンドコンテンツも増え、セット装備なども登場し、やりごたえのあるゲームになってきています。

 あと、当初ほど苦行のアイテム集めマラソンをしなくても最高位のレア度の装備が手に入るようになったのも敷居を下げるポイントですね(厳選した良武器を手に入れるにはやはりマラソンする必要があるんでしょうが、私はそこまでやりこんでいません)。

 初めてフレンドとマルチプレイをしたFPSで、今でもたまに追加コンテンツなどをプレイしています。

Ailian Nation

 エイリアンと戦う見下ろし型のシューティングゲーム。

 まだ軽くプレイした程度ですが、左のスティックで移動しながら、右側のスティックで標準を定めるのが中々難しい。

 そこそこ難易度が高い気がします。

 PS4のDL版のみがあります。

 ソロプレイをしていても、途中でオンラインの誰かが入ってくる仕組みですが、チャットもないので、マルチプレイという感じはあまりありません。

 DL版で2000円くらいなので、PS4を持っているなら気軽にプレイできます。

 

Happy Dungeon

001

 XBox One独占のハクスラアクションゲーム。

 こちらも始めたばかりですが、ライトな雰囲気で、楽しいです。装備もブタ顔の盾などかわいいものがあります。

 家族でオフラインマルチ可能。XBox Oneのコントローラーを追加購入しないと!!

 価格はアイテム課金の無料ゲームです。素晴らしい!!

追記:オフラインマルチプレイは2人でプレイしても画面が4分割されて見辛かったです・・・。オフラインマルチ断念。

追伸:ノーマルモード(ランク人間)の7章ぐらいまで来ましたが、戦闘が単純なボタン連打で行けてしまうので、飽きつつあります。マルチプレイや、上位難易度ではやりごたえがあるのかもしれませんが、私はエンドコンテンツまで到達しない感じ・・・。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

 PSVitaのダンジョンRPG。

 非常に評価が高いゲームですが、ダンジョンRPGって途中で飽きちゃうんですよね・・・。

 あと、大人数でパーティを組めるのが魅力なんですが、人数が多すぎて、アイテム集めの対象も増えて大変。

 すみません、完全に嗜好の問題なので、ハクスラ好きでダンジョンRPG好きならプレイしてみてください。

 Vitaにはハード柄というかダンジョンRPGタイプのハクスラが多いですね。

 「新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~」「DEMON GAZE」なんかもハクスラ要素のあるダンジョンRPGです。

 剣の街はSteamなど他のエディションもありますが、Vita版が今のころ最終バージョン。DEMON GAZEは萌え要素があるので苦手は人はダメかも。

 もうついでにVitaのソフトを並べると「ダーククエスト アライアンス」が正当なDiabloライクなハクスラゲームという感じですが、私はロードが長すぎて耐えられませんでした・・・。

 「Dragon’s Crown」もハクスラ要素があります。まだ未プレイなので、PS3版を購入してオフラインマルチする予定。

 魔女と百騎兵もハクスラ要素のあるVita・・・と思ったらVita版無いんですね。今ならシリーズ1&2がPS4でプレイ可能です。

 

 携帯機ってボタンが小さくて画面も小さいから長く続かないんですよね・・・暇を見て、Vitaタイトルもプレイしてレビューしようと思います。

 

The Incredible Adventures of Van Helsing: Final Cut

 ウィッシュリストに入れていたらフレンドからプレゼントしてもらえました!!

 3部作のシリーズを統一した作品で、最初から最後まで同じキャラクターでプレイできるようになったのがポイント。

 Diabloライクなハクスラゲームで、画面の印象はGRIM DAWNっぽい感じ。

 ボス戦が独特。

Victor Vran

 アクション要素高めのハクスラDiabloライクゲーム。

 日本語字幕あり。

 未プレイなので、購入したら更新します。

 他にもタワーディフェンス型のハクスラゲームなどもありますが、得意分野ではないので未プレイです。

 プレイしたらレビューを追加しようと思います。

LET IT DIE

 PS4のハクスラ要素のあるアクションゲーム。

 無料(年齢認証的な意味で100円必要ですが)+アイテム課金。

 数時間プレイした感じだと、武器防具は耐久値があり、消耗品という感じ。

 戦闘の感じは、ちょっともっさりしている・・・。

 トレハン要素は薄いのかな?

 (もう少し遊んでからレビューを更新します。たぶん、クリアまではやらない)

仁王

 ダークソウルのような死にゲー+ハクスラ。

 プラットフォームはPS4。

 そもそもダークソウルを体験したことがなかったので、事前にクリアしてから望みました。

 和風ダークソウルと呼ばれるだけにシステムや死にっぷりは既視感がありますが、独自のアレンジやハクスラ要素があり上手いアレンジという印象。

 ハクスラを楽しむ場合は、しっかり装備を収集して進めたいが、ボスは高い難易度でプレイしたいという悩ましいバランス。

 ハクスラとしてはノーマル武器にも特殊効果があり、レア度の高い黄色も序盤からボンボン出ます。その次が青で、紫という感じ、レジェンダリなオレンジもあるんだろうなぁと予想しますが、まだ序盤なので見ていません。

 あとセット装備あり。

 ダークソウルのような死にゲーに耐性があってハクスラ好きなら、是非プレイしてください。死にゲー未体験ならダークソウルやBloodBornが安いときに買ってみて自分に合うか確認してみるのが吉。

 私は2面のボス飛縁魔を1時間30分かけて倒せました・・・。

 

「PC&コンシューマーのハクスラゲーム」への2件のフィードバック

    1. >Xbox馬鹿にしてんのか?

      それを知って何がしたいのですか?
      (というか知らない人だと思うけど、なんでこんなに馴れ馴れしいのだろうか? 怒ってる? Xboxの権利を守る会会長?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です