クリア:リディ―&スールのアトリエ

 ノーマルエンドでクリアしました。

 トゥルーエンドの条件を確認すると戦闘と錬金のLvをMaxまで上げる必要があることが分かり諦めました。

 戦闘はまだしも不思議シリーズの錬金システムでレベル上げする気にはなれない・・・。確かクリア時点での錬金Lvは42でした。

錬金システムはソフィーより洗練

 Lvを上げるための錬金で挫折しただけで、ゲーム中必要なアイテムを考えながら錬金するのは楽しかったです。

 工夫して欲しい性質・特性のアイテムを作れた時は達成感がありました。

 一回の調合でまとめてたくさん作れない(多少は増やせる)、パズル要素にこだわる必要が無い錬金の場合の逐一投入が面倒くさい・・・など、ストレスポイントもあるのですが、総合的には満足しました。

癖のある金策

 依頼をこなして金策したのですが、依頼の報酬が現物のことが多く、欲しいときにお金を稼ぐのが難しかったです。

 ラスボスで一敗して装備の作り込みを行った際に金欠になりかけました。全員強化はできませんでしたが、ギリギリボスを倒せるぐらい強化してなんとかクリアしました。

 もっと金策が楽なら装備作り込みまでやったかも・・・。

 ネットで調べればよい金策があったかもしれませんが、クリアするまでネット見ないスタイルなので、自分では思いつきませんでした。

面倒な移動

 話しかけなければいけないNPCがダンジョンの奥のマップにいることが多く、移動が怠かったです。一度クリアしたマップはNPCの傍にファストトラベル地点を置いて欲しい・・・。

 重要人物で主人公たちが会いたいはずのある人物に会いに行くのがプレイヤー的に面倒という状態でした。途中でその人物の傍にダンジョンができてそこを活用すればショートカット可能になるのですが、それまでにも何度か行く必要がありました・・・。

充実したキャラクターイベント

 メイン・サブキャラのイベントは豊富で、楽しいものでした。

 今回の双子はこれまでの主人公より子供という設定なので、子供らしい辛らつなツッコミやからかいが見られました。

 不快感の無い程度のいつものアトリエらしい雰囲気は保っています。

この後から画像もキャプチャーできないエンディングに突入・・・

PS4の制限

 配信制限などはまだよいとしても、一部の画像キャプチャー制限は残念でした。

 一定期間を過ぎたら制限はなくして欲しいものです。

 この辺もPCの方が自由にできて良いと感じました。

 

ボリュームアップ

 ソフィーのアトリエは不思議シリーズ1作目のためかあっさり終わった印象ですが、リディ&スールは結構ボリュームありました。

 豊富なサブイベントや快適になった調合にハマっていたせいもあるかもしれませんが、体感的にかなりボリュームがありました。

 総合的には楽しめました。

 フィリスのアトリエを飛ばしてのプレイですが、いったん不思議シリーズはここまでにして、明日から発売のSteam版黄昏シリーズをプレイしていく予定です。

 Switch版でクリア済みなのにセールでキャラクター追加DLC込みで買ったルルアも積んであるので、時間があればやり込みも含めて再プレイしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です