クリア? ジージェネ クロスレイズ オルフェンズ編

 クリア・・・ではないのですが、鉄血のオルフェンズシナリオを一通りクリアしたので感想を残しておこうと思います。

画像はクリックで拡大できます

スパロボっぽいけど違うゲーム

 もともとスパロボシリーズしかプレイしていなかったのですが、今回なんとなくジージェネに手を出してみました。

 共通する部分も多いのですが、かなり違う味付けに仕上がっているゲームでした。

原作の再現度は微妙

 スパロボに比べれば声が入っているシーンも多いし、アニメーションを入れたりと再現度は高いですが、端折っている部分も多いので原作を観た上で追体験するのが良いと思います。

 00とかSEEDもHuluとかNetflixで見た気がするんですが、Wはスパロボでしか知らないので、プレイしてどう感じるかが楽しみです。

自由な部隊編成

オルフェンズ構成(母艦を除く)

 スパロボだと枠が限られていてほぼ主人公キャラだけで満杯という感じになるのですが、ジージェネは序盤やオルフェンズのシナリオはオルフェンズキャラで固めるというようなスタイルならサブキャラも活躍させることができます。

 同じキャラクターでもオルフェンズなら一期・二期と別キャラになっており、二期キャラは能力も高く、そうでなくても育てればどのキャラもNORMAL難易度なら通用します。

 原作では敵だったキャラも仲間にスカウトすることができ、因縁の深いモビルスーツに載せることで特殊なセリフを喋ったりするのはファンにはうれしいポイントですね。

 それ以外にも、原作枠を超えてオルフェンズの三日月を00のエクシアに載せることもできます。

 全員かはわかりませんが、ちゃんと「トランザム!」と言ったりします。

 構成の自由度はスパロボを越えていますね。

シミュレーション寄りのバランス調整

 スパロボは強力な精神コマンドがあったり、機体が破格の強さだったりとお祭り的な強さを楽しめますが、ジージェネはその辺は派手さの無いシミュレーションらしいバランスになっています。

 その分、主人公機以外も活躍の機会を与えられているのはプラスですが、派手さが無い分物足りないかもしれません。

 それでもバルバトスとかダブルオーはかなり強いんですけどね。

分かりづらい開発フロー

 モビルスーツは育てることで別の機体を開発して強い機体に変えていくことができます。

 バルバトス第一形態を育てれば第二形態とある程度予想が付く開発フローなのですが、ツリー形式でこの機体の先はこれというのが一覧できればよかったと思います。

 モンハンワールドの武器強化のツリー表示みたいになってくれると嬉しい。

渋い資金報酬

 後半は違うのかもしれませんが、今のところ資金にはかなり苦しんでいます。

 個人的には稼ぎのための繰り返し作業とかは好きではないので、自由に編成したいという欲求とCAPが赤字という現実が常にせめぎ合っています。

 オルフェンズのシナリオは稼ぎプレイ無しでオルフェンズの機体・メンバーを揃えれるぐらいのバランスが嬉しかった。

緩めの難易度だがシステムは理解した方が良い

 NORMALでクリアしたので鉄血のオルフェンズ 月鋼のステージはHARDでプレイしているのですが、多少敵が強くなっている感はありますが、そこまで苦戦せず戦えています。

 とはいえ、一部機能を早めに利用するかしないかでかなり難易度が変わると思います。

 例えば母艦をTEAM値が2のものに変えると使用できるユニット数が倍近く増加します。

 リーダーや艦長のエリア効果を活用して連携を使うと難易度がかなり下がります。下がり過ぎるので縛った方が楽しめる人もいるだろうなぁというレベルです。

 あとは派遣を活用することで資金不足がそれなりに緩和できるので、使わないと損します。

謎のクイックセーブ初期化

 ステージ開始後戦でも自ターンであればクイックセーブで一時保存ができるのですが、別部隊を派遣に出した結果を取得するとクイックセーブがすべて削除されてしまいます。

 クイックセーブしてゲーム終了。再開時に派遣終了の通知があるから派遣結果を見る・・・と、この時点でステージ途中のデータが破棄されてしますのです・・・。

 恒例なのかはわかりませんが多くのステージが、まず最初にゲスト機体のみのショートステージがあって、そのあとプレイヤー編成も参加しての本編ステージが続き、本編ステージでは条件達成後に援軍が来るという比較的プレイ時間が長い構成になっています。

 データの整合性の問題というのは何となく想像つくのですが、このゲームのメインのセーブデータは1つだけ保持可能で、ミッション中の一時データとしてクイックセーブデータが複数持てるという仕様かつ派遣中の部隊はミッションに参加できないのでクイックセーブデータを全部クリアしなくても派遣の結果受け取りは整合性を保ったまま可能だと思います。

妙にテンポが悪いシミュレーションフェーズ

(追伸:テンポについては設定である程度は改善できそう)

 戦闘シーンのスキップは便利なのですが、戦闘結果として爆発ダメージが入る場合なぜか、通常ダメージと爆発ダメージ(500)が別々に表示されて時間が余計にかかります。

 範囲スキルでテンションを上げると超強気などのエフェクトが一機づつ順番に表示されるのもまとめてください・・・と思います。

 戦闘のアニメーションを見る場合も、毎回敵のモブが「うわぁ、やられたぁ」的な叫びを発して爆発するシーンを見た後じゃないと、止め台詞・演出を聞けないのが今一つ。

まぁ、なんやかやいうけど楽しい

 こうやって何回かに分けて書きたくなるくらいには楽しめています。

 これでまだオルフェンズ原作とW・SEED・00はメイン3話ぐらいしか進めていないという状態なのでまだまだ遊ぶコンテンツがあります。

 シミュレーションゲームが嫌いじゃなくて、含まれているガンダムシリーズが好きなら楽しめる作品だと思います。

 逆にW・SEED・00・オルフェンズに興味がないなら評価は厳しくなる気がします。

 クロスレイズが楽しかったので、前作のジェネシスのプレイ動画を見てみましたが、攻撃されているユニットが棒立ちでかなりお寒い感じでした。たぶん、手にしたのがジェネシスだったらすぐに止めていた気がします。

クリア:Death Come True

 Steam版 Death Come Trueをクリアしました。

 最近、ちょいちょいプレイしているムービーゲームの日本発タイトル。

 2時間ぐらいでクリアできて、値段も手ごろなので数十時間規模のゲームをクリアした後なんかに、口直しでプレイしたくなります。

 最後のエンディングのスタッフロールで気が付いたのですが、ヒロインは栗山千明さんだったんですね。なかなか力が入ったキャスティング。

 TV見ない私でも知っている有名どころとしては佐藤二郎さんも出ていますが、チョイ役という感じ。クリア後に解放されるおまけ動画の方では大活躍でしたがw

 ゲームを始めると最初に「ネタバレしないでください」という告知がされることからもわかるのですが、ちょっとした仕掛けがあります。ストーリーも細かい展開に疑問符が浮かぶこともありましたが、大筋としては良かったと思います。

  この手のゲームは、ストーリーのすばらしさでは、映画の良作には負けることが多いですが、インタラクティブに自分で選択する分没入できたり、ゲームならではの仕掛けがある点がプラスされて良い体験を得ることができます。

 同時期に観た映画「犬鳴村」よりは断然楽しめました。

クリア:RimWorld

宇宙への脱出!

 Modモリモリでバランス甘々、快適環境ですが、一応クリアしました。

 同時期に買ったゲームが、このRimWorldに加えて、Oxygen Not IncludedとFactorioという中々時間ドロボー構成。

 このRimWorldはデフォルトキャラに指示を出して、過酷な環境からの脱出を目指すというのが目的のゲームです。

 食べ物を確保したり、敵と戦うための防衛施設・装備を整えながら宇宙船で飛び立てるように技術研究を進めるのですが、あっという間に時間が溶けていく系の中毒性があります。

 ゲームバランスはそこそこ厳しめで、戦闘では運が悪いとヘッドショット一発で即死、過酷な環境はすぐに精神崩壊を招く、という具合です。

 ちなみに、クリアまでに2回ほどやり直しました。

 いろいろ分かってくると、今度こそ効率良く―と、つい最初から始めちゃうんですよね。

 このゲームは、過酷なアクシデントや攻撃による心身ともに追いつめられる中、やりくりして進めるのが楽しいのでしょうが、死人が出るとついセーブデータを巻き戻してしまいます・・・。

 ちなみに難易度は上から3番目くらいの中級っぽい難易度で始めたのですが、資産が増え始めてからの敵の増加がエグかったです。

 資産を抑えたプレイが望ましいのでしょうが、資産が増えていくのが好きなのでModで資産に対する敵の増加を抑えました。

 もともとのゲームバランスをModで自分好みに変えたので、このゲームの良し悪しを語る資格はない気もしますが、自分が楽しめるようにカスタマイズして遊べるのも1つの魅力だと思います。

クリア:Shapeshifting Detective

 

 THE COMPLEXShe Sees Redに続いて、ムービーゲーム3作目。

 過去2作以上に推理しながら進める必要がある点が良かったです。

 一流の役者陣というわけでは決してないですが、不自然さのない演技と、まともな字幕で最後まで楽しめました。

 一応、犯人は捕まって、タロットリーダーの1人と結ばれるエンディングだったけど謎は残った感じ。

 というか警部、その情報はエンディングにしれっとバラしてはだめだと思うぞ・・・(気になる方はぜひプレイしてみてください)

 2時間ぐらいで映画を見る感覚でプレイできるので、ムービーゲームはセールで安かったら、ボチボチプレイするつもりです。

クリア:Ghost of Tsushima

 PS4のGhost of Tsushimaをクリアしました。

 日本の対馬を舞台にしたオープンワールゲームで、最後まで楽しくプレイできました。

抜群の素材とテーマ

 武士としての誉れを叩き込まれて育った主人公が、元寇の前に敗れ去る武士を目の当たりにして、誉れでは民は救えないと葛藤しながら戦う姿、対馬の美しい景色や、武士の様式、主人公の周囲の魅力的(ダメ人間も含めて)なキャラクター達。

 非常に魅力的な素材・テーマを堪能することができました。

革新性はないが完成度の高いオープンワールド

 ゲームシステムには真新しさはないものの、非常に高品質なオープンワールドを構築し、そこに先述の魅力的な文化・人物・ストーリーが乗っけたのだから面白くないわけがない。

敵の種類は少ない

 戦闘は最初こそ、2・3回の切られたら死んでしまう緊張感がありましたが、装備を整えると割と強引に進められる強さになります。

 この辺はプレイヤー自身が武士としていくか、冥人として闇に潜むか、弓引きとして石川先生に弟子入りするかなどスタイルを縛った方が良いかもしれません。

 敵は人間か獣(ほぼ熊のみ)だけなので、戦闘は上記のように工夫しないと飽きが来ます。

クリア:うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

 Steam版が無かったのでPS4版をクリアしました。

 2作目・3作目からプレイした「うたわれるもの3部作」ですが、これですべて終了です。

 先に2作目・3作目をプレイしていたので、続投キャラは過去にこんなことをしていたのか! というエピソードを楽しみながらプレイできました。

コメディ少なめのストーリー

 2作目・3作目と比べるとコメディ要素が減っていて、その分ボリュームがコンパクトだった気がします。

 その代わり、少し露骨ながら泣かせにくる病弱キャラや、子煩悩キャラの悲しい別れなどシリアスな展開が秀逸でした。

 これはこれで良かったです。

戦闘は凡庸

 相変わらず、シミュレーションパートは凡庸です。

 その分、大きな変化はなく、過去作ながら大幅劣化ということもなく遊べました。

Steam版・・・

 最初に書きましたが、Steam版が無いのが残念です。

 PS4やSwitchはキャプチャー画像の取り扱いが面倒なので、この記事もキャプチャー無しにしました。

 XBoxはOneDriveあるから楽なんですが・・・。

クリア:AI ソムニウムファイル

 序盤でコントローラーを置きかけましたが、何とかクリアしました。

 簡潔に感想を言うと、ストーリーは良作だが、ゲームとしては非常にツマラナイ作品でした。

続きが気になるストーリー

 猟奇殺人が次々と発生し、謎が少しずつ解明していくが、新たな謎がさらに・・・という展開は置きかけたコントローラーを再度、握りなおすぐらいには魅力がありました。

 後半になって、あの時のアレはこういう状況だったのか! とわかる展開も良かったです。

 ただし、一部のルートではコントローラーを投げたくなる展開があります。

 ネタバレ(?)気味に書いてしまうと、下ネタ交じりの展開です。エロ本を見つけると超運動能力を発揮するとか、AIが演算した危機を乗り切る方法が干された下着を撃つとか、エロ本販売機を撃つとか・・・。

 最初に入ったルートが上記のような展開満載のルートだったので、中断しようかなと本気で考えました。

寒い会話と退屈なミニゲーム

 クスリと笑わせてくれる会話もあるのですが、どちらかというとちょっと寒いギャグになってしまっている方が多かった気がします。

 基本は会話を読み進めるAVGなのですが、ときおりQTEや照準を的に重ねる簡単なイベントが入ります。

 難易度は非常に簡単なのですが、全く面白くありません。ただのAVGじゃなくてゲーム要素を入れたかったのでしょうが、無い方が良いレベルです。

 もう1つ、対象の脳にサイコダイブする展開があるのですが、この頭なの中シチュエーションは何でもありなので、奇妙な常識外れな絵面を作ることができるのですが、常識から外れている分、プレイする側は正解がどれか推測し辛いんですよね。

 ある程度、予想はできるものの、一見解放に見えない選択枝が正解ってのは、選ばされる側としては運みたいなものなんですよね・・・。しかも時間制限があり、失敗するとリトライという苦痛。なのでサイコダイブに関しては、そうそうに攻略サイトを見て書いてある通りに進めました。

 誰かの脳の中展開って、こういうプレイヤーに考えさせるのに向いてないし、ホラー作品でも良く使われますが、なんでもあり過ぎて怖さが薄れる気がします。

まとめ

 ストーリー大筋は良かったです。最後も綺麗に終わります。

 それ以外は微妙でした。サイコダイブとか結構、ストーリー上重要な役割を持っているので、ネットで答えを見ずに、自分でトライするのが良いかもしれません(ツマラナさに耐えられるなら・・・)。

 おすすめはしないです。

こんな感じの会話に耐えれるなら、後はミニゲームを耐えればOK

クリア:うたわれるもの 偽りの仮面 / 二人の白皇

 うたわれるもの3部作の2作目と3作目をクリアしました。

 1作目からプレイしていない理由はSteam版が無かったからです。

マロロ・・・(やればわかる!)

 一応、PS4版の1作目は買ってあるのでいつかプレイしようと思います。

引き込まれるストーリーだが

 2作目の「偽りの仮面」と、3作目の「二人の白皇」は続き物なので、立て続けにプレイしました。

 クリアした感想としては、テキストタイプのAVGとしてはシュタインズ・ゲート以来の感動作でした。

 あんまりこの手のAVGはプレイしないので、比較する対象が少ないのですが、何度も涙腺が決壊しました。

 白粉を塗った麻呂キャラに涙する日がくるなんて!!

 感動作だったのですが、偽りの仮面は少し展開が遅く冗長な感じもしました。

 2作ともクリアしてみると、偽りの仮面で丹念に世界観やキャラクターを描いたからこその3作目というのはわかるのですが、音声を聞きながらプレイすると20時間以上かかるのに「続く!」という感じで終わるのは、なかなか人を選ぶ気がします。

 あとギャルゲー要素はもう少し抑え目でも良かったかなぁ。

SLGパートは微妙

 SLGパートは凡庸です。

 ノーマルモードだとレベリングなしにサクサク進むのですが、普通過ぎて多少苦痛でした。

 物語だけ追いたいなら、スマフォ向けのSLGパート抜き版が無料でプレイできるので、そちらでも良いかもしれません。

 ただ二人の白皇のSLGパート最終戦で必殺技台詞が変わるのは、熱い展開だったのでSLGパート無しというのも勿体ない気がします。

ハクの声の方はしんちゃんのお父さんの声の人・・・

クリア:Maneater

 12時間ほどでクリアしました。

 サブイベントなどもそこそこ消化してのクリアなので、急げばもう少し早くクリアできそうですね。

 もう少し長いと飽きていた可能性大なので程よいボリュームでした。

 感想はバカゲーには間違いないけど、予想以上に作りこまれた良ゲーでした。

 マップは途中でリロードをはさんだりしますが、プレイ感覚はしっかりオープンワールドしていました。

 レベルバランスも良く計算されていて、小サメからだんだんと強くなっていくのを体験できました。

 サメになって人を殺しまくるゲームなので悪趣味系ではありますが、ゲーム性もしっかりとしていて、おすすめできる作品でした。

クリア:デモンエキスマキナ(ネタばれあり)

 デモンエキスマキナをクリアしました。

 戦闘が爽快で、装備集め要素もあり、最後まで楽しめる作品でした。

 ラスボス戦だけ、少し不満かな。

ラスボス戦

 これまで強化した武器とテクニックで強敵を打ち負かす最終戦を期待していたのですが・・・。

 下画像の地面にある、小さい複数の青い点が爆弾で、それを投てきするギミック戦闘でした。

 最初、手持ち武器のすべての弾を撃ち尽くしたのにラスボスのライフが半分以上残っていて絶望したのですが、ギミック戦だったとは・・・。

中盤以降人物もわかってきた

 ファーストインプレッションで最初に登場人物がワラワラ出て覚えるのが大変と書きましたが、中盤以降、物語が動き出すころには何とか覚えられており、ストーリーも楽しめました。

 そんなにインパクトのあるストーリーではないですが、最初の「あんた誰?」状態よりはマシになりました。

薄い主人公

 主人公は色々と仲間から話しかけら、賞賛されるのですが、応答もなく意思表示もありません。たまにミッションで「倒す」「倒さない」程度の選択はできるのですが、ほぼ傍観者という感じです。

 この辺はPS時代のAce Combat3を彷彿とさせて嫌いではなかったですが、賛否は分かれそう。

ちょっとした攻略

 中盤終わりごろから活用し始めたのですが、3つのモードのうちのアサルトモードの火力上昇と、分身を作り出すミラージュを活用すると難易度が駄々下がりします。

 特にミラージュは、こちらへの攻撃が止む上に、分身に切りかかる近接タイプの敵だと動きが止まるのでライフ(VP)をガンガン削れます。

 最初のころチュートリアルで聞いたんですが、すぐに忘れてしまってました・・・。