辞書片手のPoE 066 : Endurance charge?

 前回、2キャラ目の育成について書いた。

 出血サイクロンで回転が終わったら血の池が広がっているぜヒャッハー! というノリだったが、ラビリンスに行ってAscendancy見てから決めた方が良いんじゃないかと思い立ち、ラビリンスをクリアしてきた。

 Marauderさんは以下の3つのAscendancyが利用可能で、それぞれ以下のような性質のようだ(たぶん)。

Berserker

 バーサーカー(狂戦士)の名前の通り、火力特化だろう。

 魅力を感じるが、初心者は死ににくい防御系が望ましい。PoEは火力で押し切るゲームという気もするが、まぁ次回にしよう。

Chieftain

 族長という意味らしい。

 まぁ見た目通り火力特化じゃないかなぁ。エレメンタル特化もやってみたいが、今回は近接ビルドなので却下。

Juggernaut

 盾持ち鎧騎士、いかにも防御系!

 とりあえずこれに決定。

Endurance charge

 これらのスキルを眺めているとタイトルにある「Endurance charge」という文字がちらほら。

 耐久チャージ? なんか貯める系なんだろうなぁという推測はできる。このキャラはEndurance chargeを活用するキャラだというのが見えてきた(今更?)。

 出血はまだそんなにポイント振ってないから、いつでも路線変更可能なので、Endurance chargeについて色々確認しながら進めて行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です