クリア:うたわれるもの 偽りの仮面 / 二人の白皇

 うたわれるもの3部作の2作目と3作目をクリアしました。

 1作目からプレイしていない理由はSteam版が無かったからです。

マロロ・・・(やればわかる!)

 一応、PS4版の1作目は買ってあるのでいつかプレイしようと思います。

引き込まれるストーリーだが

 2作目の「偽りの仮面」と、3作目の「二人の白皇」は続き物なので、立て続けにプレイしました。

 クリアした感想としては、テキストタイプのAVGとしてはシュタインズ・ゲート以来の感動作でした。

 あんまりこの手のAVGはプレイしないので、比較する対象が少ないのですが、何度も涙腺が決壊しました。

 白粉を塗った麻呂キャラに涙する日がくるなんて!!

 感動作だったのですが、偽りの仮面は少し展開が遅く冗長な感じもしました。

 2作ともクリアしてみると、偽りの仮面で丹念に世界観やキャラクターを描いたからこその3作目というのはわかるのですが、音声を聞きながらプレイすると20時間以上かかるのに「続く!」という感じで終わるのは、なかなか人を選ぶ気がします。

 あとギャルゲー要素はもう少し抑え目でも良かったかなぁ。

SLGパートは微妙

 SLGパートは凡庸です。

 ノーマルモードだとレベリングなしにサクサク進むのですが、普通過ぎて多少苦痛でした。

 物語だけ追いたいなら、スマフォ向けのSLGパート抜き版が無料でプレイできるので、そちらでも良いかもしれません。

 ただ二人の白皇のSLGパート最終戦で必殺技台詞が変わるのは、熱い展開だったのでSLGパート無しというのも勿体ない気がします。

ハクの声の方はしんちゃんのお父さんの声の人・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です